みんなの妊活コラム大特集

みんなの妊活コラム大特集

みんなの妊活コラム大特集記事一覧

可能であれば、妊活中の方は薬を飲まないように

可能であれば、妊活中の方は薬を飲まないようにしてください。一般に販売されている胃腸薬や痛み止めの類は服用しても大丈夫です。その一方で確認が必要になるのは持病の治療のために医者から処方された薬を飲むことだそうです。とはいえ、服用によるリスクを抱える事に変わりはないので、どのような薬を服用する場合でも、妊活している事を専門家に伝えてから服用するのが安心だと思います。いわゆる貧血が起こるのは鉄分の摂取不足によると普通は考えますが、実は、貧血の原因は多様でいつでも鉄分不足だけが貧血を引き起こすとは言えません。現実には、葉酸が足りないために起こる貧血もかなりあるので鉄分を強化して摂っても貧血が改善しない...
続きはコチラ

世の中の不妊治療には各種の治療法

世の中の不妊治療には各種の治療法があり、なんで妊娠しないのかによってその治し方も大きく変わってきます。排卵日を細かく調査し、自然に妊娠するようにするタイミング法から、高齢出産や体外受精でも妊娠が無理な人が目指してみる最も高度な技術の顕微授精など、それぞれの治療をすすめることができます。近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素であるとご存知ですか?普段の食事で摂取できるならば良いのですが、体調が悪い時やつわりがある場合には、食事...
続きはコチラ

妊娠したら、ひたすら、葉酸サプリ

妊娠したら、ひたすら、葉酸サプリを使うのを勧めらたのですが、副作用が気がかりでした。赤ちゃんのために飲むことを考えているのに、胎児に悪影響が出たら、逆効果です。色々と確認してみましたが、質の良い葉酸サプリであるなら、摂りすぎなければ副作用はないとのことだったので、葉酸サプリを今でも続けています。周知の事実だとは思いますが健康でいるということが妊活の基本原則です。その為に重要視すべきことは、栄養が偏らないようにすることと、適度に運動することの二つです。太り過ぎ防止の意味合いもあるのですが、血行を改善させると、摂取した栄養分が運ばれる際に、円滑に行き渡りやすくなるということも大きな意味を持ちます。...
続きはコチラ

妊活中は極力、体を冷やすことを避けた

妊活中は極力、体を冷やすことを避けたいものだと思います。なぜかというと、体が冷える事によって血行不良になり、子宮や卵巣といった女性にとって大事な臓器の働きを悪化させるかもしれないのです。冷えは体の末端から始まりますので、もし、冷えを感じているならば、ソックスを活用して気軽に実施できる「冷えとり健康法」を行うなど、体を冷やさないように注意しながら、冷えをとるようにすると良いでしょう。知ってのとおり、葉酸はDNAの合成をするほか脳や神経を作るとされ、子供には不可欠なビタミンと言われてるのです。現在、先天性による異常の危険性を減らすとして、世界の中でその摂取について指導をしているのです。必要な量は、...
続きはコチラ

一般的に、妊娠してから病院や産婦人科など

一般的に、妊娠してから病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、母親学級で指導された方も多いと思います。このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱すると失われやすいというリスクを理解し、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。葉酸は妊娠する前から摂取して妊娠初期の段階であるのが理想的とされます。治療の段階で、子供を望んでいるのですから、同時進行で葉酸を積極的に摂取す...
続きはコチラ

葉酸こそ、お腹の赤ちゃんが育つために栄養素

葉酸こそ、お腹の赤ちゃんが育つために栄養素の中でも、特に大事な役割を果たしているとかなり知られるようになりましたが、元々の性質が、熱に弱く、水に溶けやすいので必要な量の葉酸を摂るためには、食事だけではどうしても難しくなってしまいます。調理の際に失われる葉酸を最小限にする工夫を知ることも大事だと思いますし、サプリなどを併用して効率よく摂ることも積極的に考えて欲しいです。私は葉酸サプリを毎日飲み続けています。少しも難しくありません。サプリの大きさは飲みやすい大きさなので、多めのお水と一緒に飲むだけで十分です。ニオイも飲みにくいものではありませんし、忘れてしまわないように気をつければいいのが気に入っ...
続きはコチラ

今、通院して、不妊治療をうけています

今、通院して、不妊治療をうけています。けれど、それがとてもストレスになっているのが現状です。ここまでしないと、妊娠できない事が私とってはかなりのストレスなんです。できるなら、全部放棄したいです。けれども、それができない事が、ストレスを倍増させているように考えます。亜鉛は妊活をする上では鍵とも言える非常に重要な栄養で、男女問わず元気な体を作ったり、生殖機能の改善のために欠かすことができません。積極的に普段の食事から取り入れながら、足りない分はサプリメントで補うのも良い方法です。ホルモンの働きを男性・女性ともに活発にしてくれるので、常に不足しないよう気をつけましょう。葉酸は、妊娠初期に特に重要な栄...
続きはコチラ

いつ妊活を始めたらよいか、悩んでいる女性もたくさんいる

いつ妊活を始めたらよいか、悩んでいる女性も相当数いると思います。それに答えるとするならば、結婚しているしていないにかかわらず、いずれ妊娠をしたいと考えている女性であれば、だれでも、いつでも行うべきだと言えるのではないでしょうか。皆さんは妊活というと「すぐに妊娠したい女性がするもの」と思うかもしれませんが、それだけを意味するのではなく、体をより妊娠しやすい状態に近づけるために行う活動を言うのです。そのため、いつ始めてもいいと言っても過言ではありません。葉酸は妊娠する前から摂るようにして初期まで摂取し続ける事が望ましいとされている栄養素です。実際、先天性奇形を予防する効能が発見されています。栄養補...
続きはコチラ

胎児が先天性の神経系障害を起こす

胎児が先天性の神経系障害を起こす危険性を低くするために葉酸というビタミンが大事な役割を果たします。女性は妊娠中、葉酸を積極的に摂ることを以前から厚生労働省が推奨しています。効果的な葉酸摂取の方法として、ごく当たり前の食事をとっている限り妊婦に求められる量の葉酸は摂取できないでしょう。サプリメントなどで不足分を補うようにして所要量を満たせるだけの葉酸を効率よく摂っていきましょう。産まれる赤ちゃんが男か女か気になってしまいますよね。実は妊活の中で可能な産み分けのやり方と言うのがあるんですね。タイミングを計るなど自分で出来るやり方から、医師に相談するといった方法まであり、実際、産み分けに成功している...
続きはコチラ

妊活をしているなら早めに歯医者に行こう

パッと見では何の関係もなさそうなのですが、実際には、妊娠と歯の健康というものには密接な関わりがあるのです。日々の絶え間ない研究の成果により、自覚なく多くの人が罹病している歯周病の影響によって早産であったり、低体重児であったりの危険性を上げるそうです。妊娠中は控えた方がいい治療というものも存在しています。妊活をしている方で歯医者さんにずっと行っていない場合は今のうちに行って診てもらいましょう。亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。妊活中にも、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。なぜかと言うと、亜鉛...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る