妊活をしているなら早めに歯医者に行こう

妊活をしているなら早めに歯医者に行こう

パッと見では何の関係もなさそうなのですが、実際には、妊娠と歯の健康というものには密接な関わりがあるのです。

 

 

日々の絶え間ない研究の成果により、自覚なく多くの人が罹病している歯周病の影響によって早産であったり、低体重児であったりの危険性を上げるそうです。
妊娠中は控えた方がいい治療というものも存在しています。

 

妊活をしている方で歯医者さんにずっと行っていない場合は今のうちに行って診てもらいましょう。亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。妊活中にも、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。

 

亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。
なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、卵子が健やかに熟すために、有効的に作用することが分かっています。また、亜鉛の効果は女性に限らず、妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してください。亜鉛は精子の量を増やし、質の高い精子の生成を助けてくれるんですね。亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。ぜひご夫婦で亜鉛摂取を始めてみるのが良いと思います。実は、通院して不妊治療を受けています。
でも、それがものすごくストレスになってしまっています。こうまでしないと、子供ができない事が相当なストレスです。可能なら、全てやめてしまいたいです。

 

なのに、そうできないのが、ストレスの倍増になっているように感じます。

 

あなたは「妊活」にどういうイメージを持っていますか?これは、妊娠という大変重要な神秘に包まれた現象をコントロールするもので必ずしも結果がついてくるとは限りません。なので、途中でやめてしまうこともあるようですが、それは大変残念なことだと感じます。妊娠の可能性は上昇しているはずなのでそんなに深く考えずに、ゆっくりと続けてみましょう。いわゆる妊活というとママとなるはずの女性の活動だと考えられることが往々にしてありますが、夫婦ならば、妊活は男女ともども行うものといえます。そこで具体的に、男性ができる妊活、食事の改善について考えてみます。妊活をしている男性にお勧めの栄養素というと、挙げられるものとしては、亜鉛、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などといったものがあります。これらを含む食品を毎日食べるよう心がけ、さらに妊娠しやすい体づくりを目指すことをおすすめします。胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。

 

十分な摂取によって、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。
厚生労働省の発表によりますと、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。

 

葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。

 

 

赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も積極的に摂取した方が良いでしょう。

 

 

 

最近、葉酸が身体に良いと言われるようになり、水溶性で身体に蓄積されにくいのなら、いくら摂っても良いと単純に考える方ももしかしたらいるのではないでしょうか。

 

いくら葉酸は水溶性で尿中に排出されると言っても、上限を超えて大量に摂ると様々な副作用を起こします。

 

 

大抵は一時的な発熱やじんましんなどの症状ですが、人によっては呼吸障害を起こす重篤なケースも見られます。
成人の場合、1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限なので、摂りすぎにならないよう、栄養補助食品やサプリメントの服用には気をつけましょう。二児の母です。

 

妊活をしていた時、本を買って「産み分け」について学びました。

 

上の子が男の子でしたから、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。
排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けにチャレンジしました。妊娠した時は、産み分けの事がありましたから赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは緊張しましたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。
主人も待望の女の子という事で大喜びでした。
皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。

 

 

 

葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、サプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。いつまでサプリを飲み続けるのか、という問題ですが、正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。

 

とはいえ、母体の健康を維持するためにも必要不可欠な栄養素です。

 

 

 

なので、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。妊活を行っている時は食べ物にも気を付け、体を温めるものを選んでください。

 

 

大根、ごぼう、人参といったような土の下に根を生やしているような野菜類は、積極的にとりいれると、体を温めてくれるでしょう。それに対して、身体を冷やす作用のあるものは、きゅうりやなす、トマトといった旬が夏の野菜が挙げられます。

 

 

 

果物の場合はデザートに少量食べるのはまだいいですがジュースにして飲むとついついたくさん飲んでしまい、体の冷えに繋がるので、飲み物についてもあたたかいものを飲む方がいいでしょう。

関連ページ

可能であれば、妊活中の方は薬を飲まないように
可能であれば、妊活中の方は薬を飲まないように
世の中の不妊治療には各種の治療法
世の中の不妊治療には各種の治療法
妊娠したら、ひたすら、葉酸サプリ
妊娠したら、ひたすら、葉酸サプリ
妊活中は極力、体を冷やすことを避けた
妊活中は極力、体を冷やすことを避けた
一般的に、妊娠してから病院や産婦人科など
一般的に、妊娠してから病院や産婦人科など
葉酸こそ、お腹の赤ちゃんが育つために栄養素
葉酸こそ、お腹の赤ちゃんが育つために栄養素
今、通院して、不妊治療をうけています
今、通院して、不妊治療をうけています
いつ妊活を始めたらよいか、悩んでいる女性もたくさんいる
いつ妊活を始めたらよいか、悩んでいる女性もたくさんいる
胎児が先天性の神経系障害を起こす
胎児が先天性の神経系障害を起こす

このページの先頭へ戻る